たったこれだけ!本物のゼニカルを通販で安全に買う方法

ゼニカルのロゴ

ゼニカルは、食べた物の脂肪分を腸で吸収させず、便として排出してくれるダイエット薬です。海外の薬ですが、日本の雑誌やインターネットなどでも、食事を我慢せずに痩せられる薬として話題です。日本国内では製造されておらず、一部のクリニックでのみ購入できます。国内のクリニックで購入すると、1錠当たり数百円と高額です。

ゼニカルを通販で購入するなら個人輸入

ゼニカルを安く購入したいなら、個人輸入を代行してくれる通販サイトを利用するのが最適です。個人輸入なら病院やクリニックを受診する必要がなく、手間も費用も削減できます。

ゼニカルは肥満治療にも用いられる医薬品であり、ダイエットサプリとは比べものにならない実績があります。脂肪の吸収を阻害してくれるので、食べながらでもダイエットが叶うことが特徴です。このため、「ゼニカルを服用すれば確実に痩せる」という口コミが広まっています。

実績がある薬とはいえ、海外の薬を個人輸入することを不安に思う人もいるかもしれません。しかし、ゼニカルが買える通販サイトは、国内の通販サイトと同じような感覚で利用できます。

実際に使ってみると、日本の通販サイトと区別がつかないほど使い勝手がよく、価格も激安です。サイト内はもちろんすべて日本語なので、購入の方法で迷うこともありません。ゼニカルは飲み続けることで痩せる薬なので、費用の負担を少しでも減らしたい場合は通販サイトを利用しましょう。

通販サイトの利用が簡単とはいえ、海外の薬を輸入することに変わりはありません。面倒なところを代行し、個人輸入の手間を省いてくれるのが通販サイトです。このため、信頼できるサイトで購入しなければ、思わぬトラブルに見舞われる危険性もあります。医薬品の輸入を代行する業者の中には、粗悪品を扱っている業者もあります。安易に使用せず、細心の注意を払うことが重要です。

サイトが信頼できるかどうかの簡単な指標は、口コミ評価の高さです。実際に効果を実感している口コミがあれば、正規品を取り扱っていることがわかります。できるだけ口コミが多く、評価の高い通販サイトを利用してください。もし口コミだけでは不安な場合、実際に業者に問い合わせてみて、対応の良し悪しを判断するのも手です。

海外からの通販なので、日本で商品を購入するときよりは、注文してから商品を受け取るまでに時間がかかります。即日発送などは望めないので、計画的に注文しましょう。ゼニカルを買うなら、いつから飲み始めたいか、いつまでに痩せたいかなどを考えて、早めに注文するのが得策です。

これらの点を事前に理解しておくことで、より安全に個人輸入の通販サイトを利用できます。

ゼニカルは国内で市販・通販されていない

ゼニカルは、残念なことに日本では市販されていません。医療用医薬品であることに加え、日本では承認されていない薬なので、国内では販売できないのです。つまり、ドラッグストアはもちろんのこと、Amazonや楽天などでも購入できません。

ゼニカルという名前を知って、Amazonや楽天で必死に探した人もいるでしょう。しかし、実際にAmazonなどで「ゼニカル」と検索しても、商品は出てきません。検索結果として出てくるのは、別のダイエットサプリばかりです。市販されているダイエットサプリでは、ゼニカルと同じ効果は期待できません。含まれている成分なども全く違うので、同じようなものと勘違いして買ってしまわないよう注意が必要です。

ドラッグストアでも、ダイエットサプリはたくさん販売されています。しかし、それらは健康食品なので、あくまでダイエットを補助してくれるのみです。ゼニカルのように、脂肪の吸収を強制的に阻害する作用はありません。

このため、ゼニカルを通販で購入したいなら、個人輸入の代行サイトを利用する必要があります。Amazonや楽天で買えないのは不便に思うかもしれませんが、個人輸入のサイトでも手軽に購入できます。

ゼニカルは国内で市販されていない薬なので、服用している人は日本ではあまり多くないと考えられます。とはいえ、日本で市販されていないからと言って、危険な薬というわけではありません。アメリカのFDAでは認可されており、安全性の高い医薬品です。個人輸入してゼニカルを飲む場合は、服用方法や注意点を自身でしっかりと理解してから購入してください。

ゼニカルと同じように、世界中で需要があっても、日本では販売されていない薬はたくさんあります。そういった場合は、個人輸入の代行サイトを利用して入手するとよいでしょう。ゼニカルを買う際には、ほかにも色々な薬が販売されているので、必要なものがあるか見てみるのもおすすめです。

「日本ではゼニカルが市販されていないし買えない」と絶望していた人は、個人輸入ができる通販サイトを利用してみましょう。いままでダイエットに失敗してきた人でも、その悩みを解消できます。痩せることを諦めず、まずはゼニカルを試してみてください。

ゼニカルは病院で処方してもらえるけど高い

ゼニカルは痩せる薬として、一部の日本のクリニックでも処方してもらえます。しかし、日本では製造が承認されていないので、クリニックでも個人輸入しているのが実情でしょう。医師が必要と判断すれば、個人輸入した薬の処方が可能です。

内科や美容系のクリニックでは、ゼニカルの値段をホームページで公開しているところもあります。自由診療で処方を受けるため、保険は適用されず、値段はクリニックによって異なります。

ゼニカルは、1錠当たり300円から400円ほどで販売されているのが一般的です。また、ゼニカル以外にも、痩せる薬を処方している場合があります。痩せることが目的なら、ほかの選択肢も提案してもらえるのが病院のメリットです。薬は病院で処方してもらわないと不安だという人は、クリニックをいくつか比較し、少しでも安いところで処方を受けてもよいでしょう。

しかし、クリニックでゼニカルを処方してもらうと、かなりの費用がかかります。そうすると、ゼニカルを継続して飲み続けることが困難になってきます。ゼニカルは、1錠飲めばすぐに痩せる薬ではありません。このため、1錠あたりの価格は安い方がよいと考える人は多いのではないでしょうか。最も安い値段で購入したいなら、コストパフォーマンスが高い海外からの個人輸入を利用するべきです。

「病院で購入した薬を飲んだ方が安心」という考え方もありますが、ゼニカルは基本的に日本国内で製造されていません。そのため、病院でゼニカルを入手しようとも、自分で個人輸入した場合とそれほど条件は変わらないと言えます。

しかも、クリニックでは、ゼニカル1錠あたりの価格が倍以上になります。同じように個人輸入した薬なら、できるだけ安い入手方法を選ぶのが賢い選択です。

クリニックや病院のメリットは、診察や検査を受けられるので安心感があるということです。ゼニカルは、持病があると服用できないケースもあります。そういった不安を最初に解消できるので、まずは病院へ行って問題ないかどうかを確認してみるのもよいでしょう。

このように、病院でゼニカルの処方を受けるには、メリットもデメリットもあります。通販でゼニカルを買うメリット・デメリットと比較し、どのように購入するかを検討するのがおすすめです。

ゼニカルが安い通販サイト3つ紹介

ゼニカルを通販サイトで安く買いたいなら、各サイトの値段の比較は必要です。個人輸入を代行してくれる通販サイトは数多くありますが、ここでは有名な3サイトの値段を比較してみましょう。

アイドラッグストアーではゼニカルが激安で、5,280円から購入できます。イタリア製でトルコ市場向けのゼニカルなら、42錠入りが1箱で5,280円、84錠入りは1箱が9,380円です。

油っこい料理をおいしく食べながらダイエットをしたい人は、お得な定期購入での注文もできます。定期購入でゼニカルを購入すれば、84錠入り1箱が9,280円と少し安くなるので、服用を続けるとしても負担が軽減されます。

個人輸入では海外から商品が発送されてくるため、注文から届くまでに時間がかかります。そこで、アイドラッグストアーの定期購入なら、ゼニカルを買い忘れることもないので安心です。しかし、定期購入をやめたいときが少し面倒です。定期購入の解除を忘れていると勝手に送られてきてしまい、お金もかかります。

あんしん通販マートを利用すると、シンガポールからの発送で、1箱に42錠入って値段は7,480円です。84錠入り1箱では12,716円と、お得な価格に設定されています。また、ゼニカルを飲んでいるとビタミン不足になるので、マルチビタミンとゼニカルのセットも販売されています。マルチビタミンとゼニカル84錠のセットは、13,480円です。このセットだと700円ほどでビタミン剤がついてくるので、とてもお買い得と言えるでしょう。

個人輸入代行サイトといえば、オオサカ堂も有名です。ゼニカル1箱42錠入りなら、香港から発送される商品で、5,197円で購入できます。ニュージーランド版のゼニカルが販売されており、1箱84錠を9,209円で購入できます。オオサカ堂のゼニカルは、シンガポールからの発送です。

このようにいくつかのサイトを比較して、安くゼニカルを買える通販サイトを探してみましょう。どのサイトでも言えることですが、42錠入りを1箱買うより、84錠入りを買った方がお得です。ゼニカルは長く飲み続けることで痩せる薬なので、多めに買っておくことをおすすめします。医薬品を個人輸入するときは、数量が多ければ多いほどお得な買い物ができます。

ゼニカルは通販でまとめ買いがお得!

ゼニカルをさらに安く通販できる裏ワザは、1箱だけ買うのではなく、まとめ買いをすることです。また、送料込みの価格を比較して、できるだけ安く買いましょう。

あんしん通販マートでゼニカルをまとめ買いすると、とてもお得な価格になります。2箱セットの通常価格は14,960円ですが、セットだと販売価格は13,614円です。42錠入りの3箱セットだと22,440円がセット料金で19,613円になります。

半年分をまとめ買いするなら、42錠入りを12箱セットで買いましょう。12箱セットでは、元の価格が89,760円のところ、69,980円まで割引されます。1年分の42錠24箱セットは、通常は179,520円ですが、セット割引で134,980円と大変お得です。

オオサカ堂のゼニカルは、2箱セットで買うと222円割引されます。3個注文をしたら444円割引、4個の注文であれば666円の割引です。ゼニカル120mg1箱84カプセルは9,209円、2箱で16,567円、3箱で22,966円になります。1箱42カプセルは5,184円、後発品の医薬品もあるので、さらに安い購入を検討することも可能です。

初めての利用の場合は、1つだけ購入して試しに使ってみたい人もいるでしょう。最初は1箱だけ買って、体に合うかどうかを試してみることも大切です。しかし、値段的には損をしてしまうので、まとめ買いできるならそれがベストです。すでにゼニカルの良さを体験していて、費用をできるだけ抑えたいのであれば、まとめ買いした方が断然お得です。3カ月分や半年分、1年分など、大量に買うほど1錠あたりの値段は安くなります。

通販サイトを利用するにあたり、送料はかなりネックになる部分です。海外からの発送だと、国内発送よりも送料が高くついてしまうこともあります。
しかし、ゼニカルをまとめて買うことで、ほとんどの場合は送料が無料になります。送料が無料になる条件もサイトによって異なるので、事前に確認してから商品を買いましょう。送料がかかってしまうなら、商品を追加で買った方が結果的にはお得です。

ゼニカルを飲んで一時的に痩せたとしても、リバウンドをしてしまう可能性もあります。そんなときでも、ゼニカルをまとめ買いしておけば、またすぐにダイエットに取り組めるのです。値段が安い上に注文する手間も省けるので、ゼニカルのまとめ買いも利用してみましょう。

ゼニカルが安いだけじゃなく便利なサイトを選ぶ

ゼニカルが安いだけではなく、受け取りや支払いの方法が便利なサイトも知っておいて損はありません。自宅に届いたときに他の家族が荷物を受け取ったばかりに、ゼニカルを買ったことがバレて恥ずかしいと思う人もいます。

通販サイトでは、利用者のことを第一に考えてサービス提供をしています。個人輸入した商品は、基本は個人の自宅宛てでなければ届きません。これは、法人(企業など)が医薬品を輸入し、転売してしまうのを防ぐためです。しかし、自宅だけでなく、郵便局留めで受け取れるようにしてくれる通販サイトもあります。あんしん通販マートやオオサカ堂は、郵便局留めに対応しています。

これなら、仕事で忙しくて自宅で荷物を受け取ることが難しい人でも、自分の都合で荷物を受け取れます。郵便局留めにしておけば、家族が謝って受け取る心配もありません。

日本全国どこにでも郵便局はあるので、自分が利用しやすい店舗をサイトに登録しましょう。会社や自宅に近い郵便局に届くようにしておけば、荷物の受け取りがスムーズにできます。郵便局が荷物を預かってくれる期間は10日間です。10日以内に受け取りに行けばよいので、仕事が忙しくても焦る必要がなく、注文をしたゼニカルを確実に受け取りやすくなります。

通販サイトで買い物をする際は、どのような支払い方法を利用できるのかもチェックしておきましょう。通販サイトによって、利用ができる支払い方法は異なります。

多くの通販サイトでは、銀行振り込みかクレジットカード払いが利用できます。銀行振り込みでは、わざわざ銀行に行かなければなりませんが、クレジットカードならその場で決済が完了します。利用をするサイトで、自分の手持ちのクレジットカードが使えるかもチェックしておきましょう。

クレジットカードでは情報漏えいが不安な人は、コンビニ払いができるサイトがよいでしょう。コンビニなら銀行振り込みよりも手間もなく、クレジットカード情報を入力する必要もありません。コンビニは銀行よりも多くの場所にあるので、自分のタイミングで買い物のついでに支払いができます。

このように、ゼニカルの値段だけではなく、受け取りや支払いの方法が便利なサイトを選ぶことも大切です。

通販でもゼニカルの正規品が買える

ゼニカルの正規品は通販で購入できます。医薬品なので病院ではないと入手できないイメージがありますが、実際はそうではありません。病院へ行かずとも手に入るため、「相談へ行くのは恥ずかしい」「近くに取り扱っている病院がない」などの場合でも安心です。

ただ、通販といっても海外製品を購入することになるので、不安になる人もいるかもしれません。「海外から医薬品を買って飲んでも問題ないの?」と、心配をする人もいるでしょう。

個人輸入の代行サイトでは、商品の製造元が明確に記載されています。製薬会社の名前や発送元も確認できるので安心です。個人輸入の代行業者も、偽物を売っても何の得にもなりません。業者の評判が悪くなってお客様が離れていくだけなので、本物の薬であることをしっかりと確認しています。正規品のゼニカルであれば、用法・用量を守ることでしっかりと効果を発揮してくれるので、不安になる必要はありません。

個人輸入の代行サイトを利用すれば、正規品を安価に購入できるという魅力もあります。個人輸入できるゼニカルか安いのは偽物だからではなく、物価が安い現地の価格で手に入れることができるからです。国内では病院でかかるコストが上乗せされるため、個人が買うときには高い金額を払う必要があります。

ゼニカルを個人輸入すると安いので、予備に多めに買って保管しておくのもおすすめです。病院で処方を受ける場合は、まとめて買っても1カ月分で2万円ほどかかります。一度に高額な出費をすると毎月のやりくりが苦しくなるので、少しずつ買わないと経済的に厳しいという人もいるでしょう。そんな人にとっても、ゼニカルの正規品をいつでも気軽に使える方法として個人輸入が便利です。

通販でもゼニカルの正規品はきちんと手に入るので、病院にこだわる必要はあまりないと言えます。ただし、どの通販サイトでも安全というわけではありません。業者によっては管理がしっかりしておらず、偽物のゼニカルが販売されている可能性もあります。そのあたりを自分で見極める必要があるのが、個人輸入の難しいところでしょう。

ゼニカルの個人輸入には偽物の危険も

個人輸入でもゼニカルの正規品は手に入りますが、残念ながら危険がゼロというわけではありません。なぜなら、海外では正規品だけが流通しているのではなく、偽物も売られている実態があるからです。しかし、これはゼニカルだけに限ったことではありません。その他の医薬品でも同様に、偽物が流通しているケースがあります。つまり、ゼニカルだけが特別リスクが高い薬だということはないのです。海外から医薬品などの商品を取り寄せる場合、国内で買い物をするよりはリスクが高いことを理解しておきましょう。

万が一、ゼニカルの偽物を飲んでしまったときは、健康被害が起こってしまうリスクがあります。偽物の医薬品は、本物とは違った工程で作られており、どのような原材料で構成されているのかも不明です。体の害になる成分が含まれていれば、吐き気などの体調不良を引き起こしてしまう危険性があります。

また、健康被害が起こるだけでなく、有効成分が含まれていないために、まったく効果がない場合もあります。健康被害が起こらないだけマシかもしれませんが、支払った分のお金は無駄になってしまうのです。このように、偽物の薬による被害はいくつか考えられます。

なお、偽物のゼニカルと本物のゼニカルは、一目見て簡単に見分けられる酔うなものではありません。本物のゼニカルによく似た見た目をしている物もあれば、明らかに見た目が違う物もあります。偽物を飲む前に気付けばよいのですが、服用をしてしばらく経ってもわからないケースもあります。本物のゼニカルを知らない人からすると、見た目だけではまず判断できないでしょう。

偽物の薬を飲んで健康被害に遭った場合、基本は自己責任ということを理解しておいてください。病院で処方をしてもらった薬で重大な副作用が出たら、国の救済措置を受けられます。しかし、個人で海外から買った薬なら、国の救済措置は受けられません。個人輸入は自己責任で利用するのが原則であり、ゼニカル以外の医薬品を買う際にも注意が必要です。個人輸入をする前に、ゼニカルの飲み方や注意点、副作用、偽物の薬の特徴などは把握しておきましょう。

こうした危険があるというと購入が不安になるかもしれませんが、これはあくまでも非正規品を買ってしまった場合の話です。個人輸入では真っ当な正規品も販売されており、本物ならば安全に服用できます。大切なのは、こうした危険があることを知った上で、どのサイトを利用するか吟味することです。

信頼できる通販サイトでゼニカルを買おう

通販でゼニカルを買う際にとても重要なのは、信頼のできるサイトから購入することです。例え商品が激安でもサイトが怪しいと、偽物のゼニカルを買ってしまう危険性が余計に高まります。運営歴が長くて口コミが多いサイトなど、信頼できる通販サイトのポイントを見ていきましょう。

通販サイトを選ぶとき、まずは運営者情報をよくチェックしてください。きちんとした通販サイトなら、会社の所在地や代表者氏名、電話番号などが明記されています。一方、怪しい業者はこういった情報が未掲載というケースが多々あります。また、一応は明記されているものの、実は内容がでたらめというケースもあるため、情報の真偽をリサーチすることも欠かせません。

また、運営歴の長さをチェックすることも大切です。個人輸入の通販サイトは数多くあり、古くから運営している業者もあれば、まだ日の浅い業者もあります。どちらの方が信頼できるのかと言うと、もちろん長く運営を続けている業者でしょう。仮に偽物を売るような業者だとしたら、長く経営を続けることはできないはずです。インターネットでも、あっという間に危険な通販サイトという情報が出回るので、信頼のないところが存続するのは困難です。

加えて、人気がある通販サイトなのかどうかを判断することも大切です。人気が高いサイトは多くの人から支持されており、信頼性も高いと判断できます。例えば、ネット上でもよく紹介されているサイトは、信頼ができる業者だと言えるでしょう。また、通販サイト内に口コミが豊富に投稿されているサイトもおすすめです。多くのお客様に利用されている証拠であり、サイトの情報も口コミからたくさん得られます。

その他、サポートの手暑さを確認しておくことも大切です。例として、メールで問い合わせをしてみて、返信が早く丁寧なサイトは信頼できます。逆に、返信が著しく遅かったり、そもそも返事がこなかったりするサイトは、サポート体制が万全ではありません。注文した商品がなかなか届かなかった場合などでも、きちんと対応してもらえるサイトなら安心です。