ゼニカルのジェネリック(後発薬)の種類と効果・価格比較

公開日
2019.03.15
更新日

「ゼニカル使ってみたいけど、値段が高くて……」
「ジェネリックが安いって聞いたけど、数が多くてどれにしたらいいの?」

ゼニカルを使ってみたいけど、値段が高くて使用をためらってしまう人も多いようです。そういった悩みを解消してくれるのが、ゼニカルのジェネリック医薬品です。

ここでは、ゼニカルのジェネリック医薬品の「オベリット」「オルリガル」について紹介していきます。

ゼニカルのジェネリックはたくさんある

代表的なゼニカルのジェネリックは
オベリット、オルリガルです。

ゼニカルと同じ「オーリスタット」を主成分とする『脂肪吸収阻害薬』は、世界各国でたくさん販売されています。なかでも代表的なのが、オベリットとオルリガルです。

ゼニカルのジェネリックで代表的なオベリットとオルリガル

どちらも基本的な効果や作用はゼニカルと同じで、食事のカロリーを大幅にカットする痩せ薬です。

オベリットやオルリガルなどのジェネリックとゼニカルとの違いは、1箱あたりのカプセル数(錠数)と価格です。ゼニカルとジェネリック薬のオベリット・オルリガルを1箱あたりの錠数と1錠あたりの単価で比較すると以下のようになります。

ゼニカルと主なゼニカルのジェネリックの価格比較表

1箱に一番多く入っているのはオルリガルで、1錠あたりの単価も最も安くなっています。続いて、本家ゼニカルがコスト面でも優秀です。価格で比較すると「オルリガルがお得」と言えます。

1カプセルあたり113円という値段で、ダイエット効果にも優れるオルリガルは、コストパフォーマンスも良く、通販で人気のジェネリック薬です。1箱に84カプセルという錠数も魅力で、とくに若い女性に好まれています。

ゼニカルのジェネリック商品リスト。

オベリット、オルリガル以外にもゼニカルのジェネリックは数多く存在します。以下に、通販や個人輸入が可能なゼニカルのジェネリックをすべてリストアップします。

ゼニカルのジェネリック一覧
  • オベリット
  • オルリガル
  • オリサット
  • スリムトリム
  • ビーファット
  • フォビカル
  • オーリトレックス
  • ゼロファット
  • アリー
  • オルリファスト

ゼニカルは有効成分「オーリスタット」の脂肪吸収抑制作用によって、食事で摂るカロリーを大幅にカットして、ダイエット効果が得られる痩せ薬です。ゼニカルのジェネリックには、ゼニカルと同じオーリスタットが使われていますので、同様のダイエット効果があります。

先発薬であるゼニカルのダイエット効果が高いことから、ゼニカルのジェネリックは種類が多く、そのほとんどが市場に流通しています。ゼニカル同様、ゼニカルのジェネリックも一般的に手に入りやすいダイエット用の医薬品となっています。

ジェネリックも効果や飲み方はゼニカルと同じです。

オベリットやオルリガルをはじめとしたゼニカルのジェネリックのダイエット効果は、ゼニカルと同じです。通常、飲みはじめてから2週間以内に減量効果が見られ、この頃から体重が減ってきたのを実感できるようになります。ゼニカルのジェネリックも飲み方や用量はゼニカルと同じです。効果や飲み方について、以下のページを参考にしてください。

そもそも『ジェネリック』ってなに?

ジェネリックは成分も効果も変わりません

ジェネリックとは、先発医薬品の調合レシピから生まれた後発医薬品。

ジェネリックとは、特許期間が満了した先発医薬品の調合・配合表に基づいて作られた後発医薬品のことで、基本的に先発薬と同じ成分で構成されています。そのため、ジェネリック薬も効果や作用は基本的に先発薬と同じになります。ジェネリックは、先発薬のレシピから生まれていますので、いわば弟のような存在です。

ジェネリックは先発薬となにが違う?

ジェネリックと先発薬の一番の違いは「値段」です。ほとんどの場合、ジェネリックのほうが安く手に入ります。これは後発薬の強みでもあり、値段が安くなる理由は、先発薬のレシピを利用することで「先発薬と比べて開発コストがかからない」ことが要因となっています。

ジェネリックは安全性も高い薬です。

先発薬が実用されてからの十分な臨床データや治療実績が、ジェネリック薬の開発には活かされています。ゼニカルのように安全性や信頼性が高い薬の場合、先発薬であるゼニカルの実績が、後発のジェネリックにおいても保障されています。

やっぱりジェネリックではなくゼニカルのほうがいいという方は、以下のページにゼニカルの相場・最安値について書いていますので、参考にしてください。